AGAや薄毛と戦う本気の育毛アイテムを徹底比較

石鹸シャンプーのメリット・デメリット

スカルプシャンプーには石鹸シャンプーといわれるタイプに分類されるものがあります。この石鹸スカルプシャンプーはどの様な基剤を利用し、頭皮や髪に対してどのようなメリット・デメリットがあるかを紹介していきたいと思います。

 

石鹸シャンプーの定義とは

石鹸とは”炭素原子を少なくとも8個含む脂肪酸または脂肪酸混合物のアルカリ塩(無機または有機)をさす総称”と国際界面活性会議で定義づけられています。成分表記の欄に、石鹸素地、脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウム、カリ石けん素地の表記がある場合、石鹸シャンプーと言えます。形状は、固形・液体・粉の3種類あります。界面活性剤の中では最も歴史が古く安全性が一番高く、安心して使用することができます。

特徴としては、高級アルコール系のシャンプーよりも洗浄力が高いわりに、頭皮への刺激が少なくシャンプー後の爽快感を非常に感じることができます。主成分の原料は天然素材で作られているため、アレルギーが起こりにくいので安全性が高いです。ただし、シリコンが含まれていないことや石鹸シャンプーがアルカリ性であることにより、一般的なシャンプーに比べると洗い上がりにごわつきやキシみを感じるので、使い心地は良くありません。シャンプー後は、トリートメントなどきちんとしたケアが必要になってきます。

石鹸シャンプーは髪本来の自然治癒力を高めてくれるので、頭皮のトラブルを抱えている方や、抜け毛に悩んでいる方にはオススメのシャンプーです。

 

石鹸とは何か

石鹸とは、動物性・植物性の油脂(脂肪酸)をアルカリで反応させたものです。石鹸には大きく分けると脂肪酸ナトリウムと脂肪酸カリウム2種類あります。脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムだけでできた石鹸を「純石鹸」と呼びます。商品にすると、固形・液体・粉の3種類になります。界面活性剤の中で、最も歴史が古く安全性が非常に高いです。この純石鹸にその他の洗浄成分を含んだものを、「複合石けん」「合成洗剤」と呼びます。台所用や洗剤用として主に使用されています。

 

石鹸シャンプーの髪や頭皮へのメリットとデメリット

界面活性剤に石鹸を含む石鹸シャンプーならではの髪や頭皮への「メリット」「デメリット」が様々なあります。アミノ酸系シャンプーや高級アルコール系シャンプーとの違いをしっかりとチェックしましょう。

 

メリット

原料に天然素材のものを使用しているのもが多く、アレルギーが起こりにくいので安全性が高いです。環境汚染にもならないので、地球環境にも優しいシャンプーと言えます。低価格で購入することができ、髪の毛以外にも、顔や体など全身に使用することができます。無添加でできているためシャンプー後のパサつきやキシみに慣れるまでには時間がかかりますが、慣れてくると一般的なシャンプーが使えなくなるほどハマります。

洗浄力が強いため、脂性の方にオススメです。同じく洗浄力の強い高級アルコール系のシャンプーに比べ、頭皮への刺激や負担が少ないため、低刺激で洗うことができます。低刺激なわりに、洗い上がりの爽快感を得られるのもポイントです。シャンプー後の爽快感が好きな方、髪のべたつきが気になる方や、脂性の肌質の方にはオススメのシャンプーです。日常的に汗をよく掻く方にもオススメです。洗浄力が高いので、毛穴に詰まっていたシリコンを落としてくれます。髪本来の自然治癒能力を高めてくれるので、肌トラブルの悩みを改善してくれたり、髪の1本1本を丈夫にし、抜け毛を減らしてくれます。

 

デメリット

無添加のものがほとんどで髪をコーティングするシリコンが配合されていません。そのため、シャンプー後は髪のパサつきやキシみが出やすいです。泡立ちが悪く使い心地が良くないため、慣れるまでに時間がかかります。洗浄力が高いため、過剰に皮脂をとりすぎてしまいます。乾燥・敏感肌などの皮脂が少なめの肌質の方は、使用を控えましょう。また、カラーも落ちやすくなってしまうのでカラーリング後の使用は控えた方がいいでしょう。

頭皮や髪は弱酸性となっています。しかし石鹸シャンプーはアルカリ性です。髪がアルカリ性に傾くとキューティクルが開き、髪のごわつきやキシみにつながってきます。アルカリ性に傾いてしまった頭皮や髪は、クエン酸や食酢などの酸性で中和しましょう。中和をせずに頭皮のpH値を崩れたままにすると、雑菌が繁殖し頭皮炎症や肌トラブルになりすのでpH値を正常に保つために中和は必ず行いましょう。石鹸シャンプーを販売しているメーカーはたいてい弱酸性のクエン酸リンスの販売も行っていますので、併用して使用しましょう。

また、石鹸カスが残りやすく、フケやかゆみの原因になってきます。シャンプーの際は、予洗いと十分なすすぎが必要となってきます。

 

石鹸シャンプーがオススメの肌質

石鹸シャンプーは、洗浄力が高いため脂性の肌質の方にオススメです。皮脂を過剰に取りすぎてしまうため、乾燥・敏感肌の方にはオススメしません。成分に天然由来のものが使用されているため、石油由来を主成分とした高級アルコール系のシャンプーに比べて頭皮や髪への刺激が少ないです。石鹸シャンプーは自然治癒力を高めてくれる効果があるので、肌トラブルの悩みを抱えている方や抜け毛で悩んでいる方にもオススメです。

 

それって何系シャンプー?石鹸シャンプーの見分け方

ボトルの箱や正面に「石鹸シャンプー」と記載されているものがほとんどです。この他の見分け方としてはシャンプーのボトルの裏面に記載されている成分に、脂肪酸ナトリウム、石鹸素地、カリ石けん素地、脂肪酸カリウムなどいずれかの表記がある場合、石鹸系のシャンプーだと見分けられます。成分の表記については、薬事法によって、シャンプーの成分表記は配合量が多いもの順と定められているので、だいたいどのシャンプーも一番初めの表記が「水」になっています。水の次に書かれている表記に注目してみましょう。

また、JISマークがついている石鹸は、純石鹸成分93%以上ということなので、石鹸シャンプーを選ぶ際に参考にしてみるのもいいでしょう。

 

石鹸シャンプーの界面活性剤の種類

ここでは石鹸シャンプーに用いる代表的な界面活性剤の種類を紹介していきます。石鹸自体が界面活性剤であり、動物性・植物性の油脂(脂肪酸)をアルカリで反応させたものです。石鹸には大きく分けると2種類あります。同じ石鹸シャンプーの界面活性剤の中でも様々な特徴がありますので、知っておくことでより自分好みの石鹸シャンプーを選ぶことが出来ます。

 

脂肪酸ナトリウム

動物性・植物性の油脂(脂肪酸)を水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)を加えて精製水で加熱し、油とアルカリを反応させます。反応させて固めると石鹸になります。固形石鹸や粉石鹸は脂肪酸ナトリウムでできています。

 

脂肪酸カリウム

動物性・植物性の油脂(脂肪酸)を水酸化カリウム(苛性カリ)を加えて精製水で加熱し、油とアルカリを反応させます。反応させて固めると石鹸になります。液体石鹸は脂肪酸カリウムでできています。